お腹に蓄積する中性脂肪とは何か|脂肪撲滅対策を伝授

女の人

肝臓を改善

肥満男性

測定値の意味

脂質・コレステロールにはキロミクロンと呼ばれる食事由来の油を肝臓まで送るもの、HDL,LDL,中性脂肪が主にあります。一昔前までは食事由来のコレステロールが様々な数値に影響すると言われており油の取りすぎはコレステロール値を上げるとされていました。しかし、近年では食事由来はほとんど関係なく、中性脂肪などの数値は肝臓の機能によるものだとされています。肝臓では中性脂肪とHDL,LDLを合成します。中性脂肪は別名トリグリセロールとも呼ばれる栄養分の塊です。つまり過度なダイエットや食事バランスが悪いと中性脂肪は低下します。しかし中年を過ぎたあたりから肥満傾向になることや肝機能低下により数値が上がってきやすいです。

数値が高いと

中性脂肪の数値が高い場合、その他の成分も多くなっていると考え動脈硬化の危険性が上がるため、生活指導されます。一般的な薬ではLDLを下げるタイプが多く中性脂肪だけを下げる薬はほとんどないに等しいです。なぜかというと細胞の栄養源になるため、無理やり下げることは避けたいためです。中性脂肪値が高い場合食事からでは魚介類に多い、タウリンの摂取が有効です。タウリンは貝柱や烏賊に多く含まれており火にも比較的強い水溶性ビタミンの一種です。魚介類は臭い消しのために味付けが濃くされています。よって塩分の取りすぎやお酒がほしくなります。塩分の取りすぎは様々な疾患に影響を及ぼし、お酒はアルコールにより肝臓を傷めるため飲みすぎに注意する必要があります。

Copyright© 2016 お腹に蓄積する中性脂肪とは何か|脂肪撲滅対策を伝授 All Rights Reserved.